急な引っ越しにも対応可。便利なWiMAXについて

WiMAX選びの「いろは」
この20年間で通信機器が超発達。
今の高校生は90%以上がスマートフォンを保有していることはご存じですか。
私が高校生であった1990年代後半、ポケベルと呼ばれる通信機器を持って友人と連絡を取り合ったものです。あれから約20年。インターネットの普及から通信機器は発達し、スマートフォンが「当たり前」の時代になりました。時計型やメガネ型の通信機器などのウェアラブル端末が普及しています。何歳からこういった通信機器を持たせるかは、親の悩みであることは間違いないでしょう。

 

WiMAXとの出会い

2008年頃私は独立開業をめざし、会社員を務める傍ら、起業準備を着々と進めていました。営業も開始し、顧客も少しずつ増えてきたところで、会社から東京へ異動が命じられてしまいました。土日休みを利用したサービスであったため、週末に地方へ戻ればよいと思い、賃貸アパートを引き払いました。

 

とにかく急ぎの引っ越しであったため、パソコンなどは実家に戻し、東京で買うことにしました。インターネットも東京で契約することを考えていましたが、この数日で顧客から問い合わせがこれまでにないぐらい多く入ってしまったため、数日間連絡ができませんでした。急いでパソコンとインターネット契約をしようとしました。秋葉原の店に入り25,000円でパソコンを購入し、インターネットについて相談すると、WiMAXが良いですよと勧められました。

 

初めて聞いたそのサービスに驚いたことを今でも忘れません。

 

衝撃を受けたWiMAXの利便性

WiMAXを利用してインターネットをするには、何と工事が不要だったのです。今の高校生が聞いたら、何を驚いているの?当然。と言われるのは間違いないと思いますが。

 

インターネット回線を自宅に引くには、プロバイダと契約してインターネット開通のため、工事会社と時間を調整するため事前に予約し、約束した時間に工事の立会をしないといけませんでした。それが工事不要で、インターネットができるということに衝撃を受けたのです。

 

衝撃を受けたのはそれだけではありません。なんと、契約した「その日」からインターネットが使用できるのです。月額利用料も3,000円程度と安いwifiでした。

 

私が契約したのは、パソコンのUSBに差し込んで使用するタイプのものでした。当時はスマートフォンが今ほど普及しておらず、これで十分でした。通信速度も速く、動画もしっかり見ることができました。おかげさまで、すぐに仕事に取り掛かることができ、数日間連絡ができなかった顧客へも通信することができました。WiMAXありがとう!!

 

今ではWiMAXを安く利用できます

昔のWiMAXやポケットWiFiをイメージされると4000円台後半から5000円位するのではと思っている人多いようですが、
WiMAXであれば安いプロバイダで3,380円、ポケットWiFiであれば2,480円と格安で利用ができます。

 

回線BoyではWiMAXの安い業者を紹介しています。あなたにあったおすすめのWiFiを見つけてください。
回線Boy:https://kaisen-boy.com/pocket-wifi/wifi-yasui-hikaku/

ページの先頭へ戻る